ごあいさつ
イメージ

これまで、ペット=愛玩動物と呼ばれてきた動物たちは、コンパニオンアニマル=伴侶動物と呼ばれるようになり、近年では家族同様あるいは家族以上の存在となってきました。
 そのため私たち獣医師の役割は、動物たちの診察や治療、病気の予防はもちろんのこと、しつけなど人間と動物がよりよい暮らしををめざすことが求められるようになってきています。


また、獣医療の進歩により動物たちの寿命は延び、糖尿病や腫瘍など、人間と同じような病気が見られることも多くなり、より高度な獣医療や看護が求められるケースも増えてきました。


当院では、「人と動物の絆」を中心に、日常の診療はもちろんのこと、病気の予防に努め、必要に応じて二次診療施設をご紹介したり、しつけインストラクターによるトレーニングなど、ご家族と動物がより幸せな時間を過ごせるよう、さまざまな形で皆様をサポートすることをめざしています。


どうぞお気軽にドアを開けて、お入りください。幸せな時間のために、何かお手伝いできることがあれば、私たちも幸せです。

院長プロフィール

日比 真理(ひび まり)
1968年生まれ
神奈川県立厚木高校卒業
日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科卒業
1993年〜 複数の動物病院勤務
2004年〜 麻布大学附属動物病院腫瘍科専科研修獣医師
2006年 日本獣医がん研究会U種腫瘍認定医